興文会の紹介

 平成6年、初代会長松下芝堂を中心として、書芸向上と会員相互の研究和睦を
はかり、書道文化の発展に寄与することを目的に発足した書道団体です。
 興文会は、書道の伝統をふまえ、日本的な叙情美の書を確立した昭和の書聖
鈴木翠軒先生の書風を継承し、日展、読売書法展、中日書道展など日本の中央
書壇を舞台として活動しています。
Copyright (C)KOUBUNKAI All Rights reserved.